クリーンエアシェルター (原子力防災用空気浄化ユニット付エアシェルター)

クリーンエアシェルターとは

クリーンエアシェルターは、地域防災計画(原子力災害対策)への積極的貢献を目的とした、
高信頼性、簡便性、経済的合理性を兼ね備えた空気浄化ユニット付きエアシェルターです。

簡単・迅速

体育館、公民館、医療施設等の空きスペース内に簡単に設置でき、緊急時の設営も少人数で迅速に対応できます。

高い設置適合性

エアシェルターのサイズはニーズに応じて、大型(約200人収容)から小型(数十人収容)まで自由設計で縦横高さも調整可能です。
また、間仕切り等内部のレイアウトもオリジナル対応します。

設置イメージ

軽量・コンパクト

帝人フロンティアと共同開発したエアシェルターは超軽量の高強力ポリエステル素材を使用し、保管もたいへんコンパクトです。

空気浄化ユニットは円筒型HEPA及び活性炭素繊維フィルタを採用することで、軽量かつコンパクト化を実現しました。

信頼の高性能

HEPAフィルタは捕集効率99.97%以上(粒子0.15µmm)

よう素フィルタ(活性炭素繊維)は捕集効率99.99%以上(ヨウ化メチル;初期効率)

クリーンエアシェルターの仕組み

  • クリーンエアシェルターは、空気浄化ユニットによりエアシェルター外部の放射性物質を99.9%以上除去した清浄化空気を、エアシェルター内の退避区画に供給します。
  • 更に、空気浄化ユニットで清浄化された空気でエアシェルター内を陽圧化することで、放射性物質がエアシェルター内に進入するのを防ぎます。
  • クリーンエアシェルターは体育館などの室内に設置しますので、風の影響が無いことからエアシェルター内は、低い陽圧(数パスカス程度)で対応できます。
    (一方、建物を陽圧化する場合は、強風で放射性物質が建物内に吹き込まないよう、100パスカル以上の陽圧が要求されます。)

クリーンエアシェルター仕様

クリーンエアシェルター

バスケットコート・サイズの例

展張準備

平常時
コンパクト(1.5m×1.5m×0.8m)に倉庫等へ保管
展張時
W 15m×D 21.9m× H 3.73m(バスケットコート1面と同サイズ)

※ 尚、ご要望に応じてあらゆるサイズに対応可能です。

収容人員

120人(間仕切り有り)~192人(間仕切り無し)
※ 1.65㎡人で計算

特徴

空気浄化ユニットへの接続

平常時
コンパクト保管(体育館等は従来どおりの使用スペースを確保)
緊急時
避難建屋内で開梱、空気浄化ユニットからの供給空気によりエアシェルターを展張(エア供給開始から10分程度で展張)
内部
吊下式の間仕切りを取り付けることで部屋割りも可能
出入管理
ダブルロック区画を設け、汚染管理を行う
設置工事
建物の気密化工事不要のため、工事騒音や使用不可期間なし

内部(w13.5m×D11m)

デモ用ハーフサイズモデル

内部(w6.6m×21.2m)

体育館内設置タイプ

内部(w2.4m×12.4m)

屋外設置タイプ

空気浄化ユニット

*クリックすると拡大します。


構成機器

送風機+HEPAフィルタ+放射性ヨウ素除去フィルタ

風量

約6,000㎥/h(100㎥/min)

エアシェルター展張と避難エリア内に分配して供給

放射能除去効率

フィルタ装着の仕方

HEPAフィルタ

2,400㎥/h フィルタ(φ550×H400,14kg)

円筒型HEPAフィルタの特徴

  • 仏ラアーグ再処理工場及び六ヶ所再処理工場での
    長年の使用実績に基づく高い信頼性を有しています。
  • コンパクトで大風量(2,400㎥/h)を実現。
  • 軽量(14kg)で取り扱いが容易
  • 長寿命(10年間保管可能)
  • 最大4,000㎥/h/基まで大風量化が可能です。

※要援放射線防護対策工事向けに、空気浄化ユニット単体のご提供も可能です。

展張動画(デモ用ハーフサイズモデル)